克雪 CHAPTER-A

無散水消雪システム

地下水利用システムの概要

このシステムは、舗装帯の中に放熱管を埋設し、この放熱管の中に地下水を送って、地下水の持つ自然エネルギーを効率よく路面に伝えることにより、雪をとかし、路面の凍結を防ぐ最新の消雪方法です。
路面に散水がないため、降雪時の通行・歩行が極めて快適であり、なおかつ舗装面の傷みも少なくなります。
放熱後の地下水は、閉鎖系で地下に還元されるため、地下水の枯渇や地下水位の異常低下に伴う地盤沈下等の公害問題は発生しません。
このシステムは、熱源として地下水を利用するため、イニシャルコスト・ランニングコストとも従来の方式よりお安くなります。

このシステムは、図のように揚水井放熱帯注入井から成り立ちます。

図解・無散水消雪
  • 揚水井
    熱エネルギーを持つ地下水をポンプで汲み上げ放熱帯に送水します。
  • 放熱帯
    道路、駐車場等の舗装体の中に埋設した放熱管に、地下水を送って路面の温度を上昇させ、降雪や積雪を溶かすと共に路面の凍結をも防ぎます。
  • 注入井
    熱を路面に伝えて温度の下がった地下水は、外気に触れることなく注入井より地下の帯水層に還元されます。
消雪状況概念図
コンピューターによる消雪状況シュミレーション

トップページ
克雪

無散水消雪システムの
バリエーション

日本地下水開発株式会社
〒990-2313 山形県山形市松原777 TEL 023-688-6000 FAX 023-688-4122