環境エネルギー CHAPTER-C

当社は、1998年6月、環境ビジネスの最先端を走る米国コロラド州ボルダー市に本社を置くウォルシュ社と共同事業協定を締結しました。大地と水に関する当社の経験と技術を、世界中で1,000カ所を超す環境改善事業の実績を誇るウォルシュ社の技術と融合させ、お客様のニーズにあった最適な土壌・地下水汚染対策を提供してまいります。

土壌・地下水汚染対策の流れ

土壌・地下水汚染状況調査

Phase I
資料等調査
様々な既存資料を使って過去の土地利用や有害物質の使用状況を調査し、敷地内における汚染発生の可能性を評価します。

Phase II
表層土壌調査
資料調査の結果をもとに、汚染の可能性があると認められた区域の表層土壌や土壌ガスを採取・分析し、汚染の有無を確認します。
ボーリング調査
表層土壌調査の結果として汚染が見つかった場合、地下への汚染の拡がりを把握するために、ボーリングによって地下の土壌・地下水を採取して詳細な調査及び評価を行います。

浄化対策/健康被害の防止対策

Phase III
汚染状況や土地の利用状況を十分に検討し、適切な浄化対策または健康被害防止を実施します。

トップページ
環境エネルギー

土壌・地下水汚染対策

地下水人工涵養

地中熱
日本地下水開発株式会社
〒990-2313 山形県山形市松原777 TEL 023-688-6000 FAX 023-688-4122