環境エネルギー CHAPTER-C

表層土壌/ボーリング調査 ( Phase II  Environmental Assessment )

(1) 表層土壌調査

表層土壌、土壌ガスを分析し、汚染の有無を確認します。
「土壌汚染対策法」 に対応した調査を実施します。

PID−GCによる現地分析

土壌ガス採取

土壌ガス濃度分布の評価

(2) ボーリング調査

ボーリングによって地下の土壌・地下水を採取します。
採取した試料を分析し、そのデータを解析することによって、対象地の詳細な汚染状況を把握します。

ジオプローブによるボーリング調査
コア試料の調査

  • 土壌汚染対策法に対応(指定調査機関 環2003-1-587)
  • 水理地質に関する知識と経験を活かしたコンサルティング
  • 各種環境影響調査・分析(残留農薬・大気・水質・騒音/振動等)
トップページ
環境エネルギー

土壌・地下水汚染対策

地下水人工涵養

地中熱
日本地下水開発株式会社
〒990-2313 山形県山形市松原777 TEL 023-688-6000 FAX 023-688-4122