環境エネルギー CHAPTER-C

地下水人工涵養

地下水の人工涵養には、溜池等の底面から地下浸透させる方法(拡水法)と、井戸孔内から地下帯水層に涵養する方法(井戸法)があります。当社では、この拡水法と井戸法による人工涵養に積極的に取り組んでいます。

表流水の地下浸透

地下水を補強するために、表流水等を地下還元させる当社の地下水涵養技術は、地下水の効率よい利用を促進するとともに地盤沈下等の障害を防ぎ、環境の保全に役立っています。

山形市十二柳公園 人工涵養施設

雨水の地下浸透

雨樋で受けた屋根雨水や、集水側溝で集められた駐車場等の雨水を、その敷地内において雨水浸透施設で濾過した後に地下浸透しやすい地層まで導き、効率良く大地に浸透させて地下水の増加と地盤沈下及び都市洪水の防止に努めています。

山形市 専称寺
山形市立図書館

地滑り対策

自然災害の中でも毎年のように多くの地域で被害を出しているのが地滑り災害です。
地滑り防止工法には、その発生機構と運動特性にあわせて、排土工・地表水排除工・地下水排除工等の抑制工と杭工・アンカー工等の抑止工があります。当社では長年の地下水技術を応用して地滑り調査・観測および抑制工に取り組み、国土の保全に貢献しています。

 ■蔵王地すべり対策工事全景

 

地すべり抑制のために
造られた集水井
地滑り地の地下水を排除するため、集水井を掘り、その井戸内から集水ボーリングを帯水層に向かって削孔し、地滑り地内の浅層あるいは深層の地下水を集水しています。
 
 

地盤のひずみ観測
  

地滑りは土塊が移動したり変動したりする現象と捉えられるため、地質や土質調査のほかに、観測によって地滑りの範囲や三次元的形状・移動の特徴を明らかにしなければなりません。効果的な対策工事を行うためには事前の十分な調査と観測が極めて重要です。

 

トップページ
環境エネルギー

土壌・地下水汚染対策

地下水人工涵養

地中熱
日本地下水開発株式会社
〒990-2313 山形県山形市松原777 TEL 023-688-6000 FAX 023-688-4122